お別れ・・続き・・・。

ものすごい勢いで回転しながら下へ下へ

吸い込まれていきます。ザア-・・

こわい!!強く目をつぶる・・

落ちて落ちて・・・そして、道路に自分は立っています・・

すると遠くの道に人影が見えます・・・。

あれ?かあさん?・・・追いかけます・・・待って!!

待って!!・・あれ?・・・もう、見えない・・

心臓が飛び出しそうに・・・なっても走ります・・

待って・・!!・・待って!!・・息が出来ません!!

苦しくて・・苦しくて・・両膝に手を当て身体中で息を

整えます・・・もう、見えません・・・どうしても・・見えません・・

涙が・・・はらはらと落ちて・・・・悲しみのあまり・・自分が

溶けてしまいそうです・・・。

その感覚があまりにも生々しくリアルで

汗をびっしょりかいて目がさめました。

横を見ると妹がかすかな寝息をたてています。

むじゃきな顔を見ると・・涙がつう-とこぼれました。

それは、この間、聞いた話を思い出したからです。

・・・自分で死ねないかと首を絞めたと・・・。

かあさんに溺愛されていた妹・・・。

自分はそんな妹にちょっぴり嫉妬していました。

妹は可愛らしく、しぐさや話し方・・。

父親からも可愛がられていました。

自分はと言えば生意気だったのかもしれません・・。

母さんが亡くなってから、もう1年、この同じ夢を何度

見たことか・・・。

涙に濡れた枕がつめたい・・・。

そして夢ばかりではありませんでした。

亡くなってからというもの幾度、金縛りにあったか

わかりません。

それは、たいていは、妹と一緒で、横に寝ている妹に助けを求

めるのですが声も出せないのです。

もう、恐くて・・恐くて・・二人の布団の上を

歩くのです・その感触・妹が息をこらして耐えている様子・・

すべてが・・わかるのですが・・自分もどうしても

動けないのです。

助けて!!お・ね・が・い!!・・しばらくすると恐怖に固ま

った妹と今、歩いてたよねと。・・何度そういうことが

あったのか分からないほどです。

母は、まだ、ここにいるのです。
スポンサーサイト

プロフィール

minmin

Author:minmin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
広告
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる